段ボールで、観覧車を作ってみた。

FerrisWheel-06.jpg
先日告知した三越伊勢丹銀座店でのワークショップ会場を盛り上げようと、先週取った山形での夏休みの半分を使って、親戚の工場の片隅を借りて夜なべして作った、実際に回転するダンボール製の観覧車です。昨日から9/8(日)まで、三越伊勢丹 銀座店9Fで回ってます。

FerrisWheel-01.jpg
はじめて自分が作るモノのために板ダンボールを買って作った工作。※いつも資源ゴミなので…
製作期間は5日間で、最初全然違う9角形の観覧車を作っていて粘ったのですが2日目の夜中に断念。3日目にこの形に決めて1日でホイールを、山形から戻った土曜日にすべて違うゴンドラを8個作ってみたのですが「よくなくて」断念。そして日曜日〜搬入日の月曜日の朝までにゴンドラを作るという…久しぶりに会った親戚のオッチャン達が『効率悪いね〜』と面と向かって言ってしまうほどの難産で、宿題に追われる夏休みの最後の日を思い出しました。ホント。

ちなみに部材間の接合は、すべてmakedo(メイクドゥ)というコネクター。なのでスグに分解できて持ち帰れますし、不要になれば「単なる穴の開いた段ボール」なので資源ゴミとしてリサイクルの輪に加わります。

FerrisWheel-04.jpg
いや〜動くモノは難しい。観覧車を設計する人達は凄いな〜と改めて感じた次第。ヨーロッパ映画で見掛けるトラックで移動する観覧車なんて、どんなに設計が大変かと思うとゾッとします。何とか組み上がっているのは、「段ボールだから」ですね。何とか組み合わせられたりできますから。まぁ、それが好きなんですけどね!

FerrisWheel-03.jpg
ホントは、土台まで段ボールにしたかったのですが、置き場所が百貨店という性格から安全性を考慮して、このバージョンは木の土台になりました。百貨店から戻ってきたら、段ボールで土台を作って11月のMaker Faire Tokyo 2013に持って行きたいと思い始めています。(出られたらの話ですがね。)

これらの写真は、組み上がった時のカットなので、後日ワークショップの日にでもチャンとした陽の当たる場所に設置された姿を写真に納めたいと思います。そうしたら、こちらにも掲載し直しますね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...