Maker Faire Tokyo 2012で何かが起こる!

Maker Faire Tokyo 2012で何かが起こる!

既にお伝えしている通り、12/1,2の土日に、日本科学未来館で行われるMaker Faire Tokyo 2012で、MAKE道場は出展とワークショップを行うのですが、その準備がコツコツと動き出しました。
そう、OtOMOさんとunit mediaさんとのコラボレーションです!

事の発端は、昨年のMake: Tokyo Meeting(Maker Faireの前身)の会場で、子供プログラミングサークルScratch(oTomo)の倉本さんから誘われて、Makedoを使って会場に有った段ボール箱で、子供達の作ったドライビングゲームと、ナノボードというセンサー付き電子回路ボードを組み合わせて、実際にアクセルを踏んでハンドルを切れる簡単なドライブシュミレーターを作ったこと。

今年は、そこから更に一歩進んで、子供達が作る段ボール工作物を、子供達の作るプログラムとナノボードで、unit mediaというロボットの関節の様なサーボユニットを制御して、動かし楽しむモノを作ろう!ということになりました。

先週、僕と息子がoTomoさんのワークショップにお邪魔して、子供向けプログラムScratchとナノボードの基本を教えて貰いました。そして今週末には、僕がoTomoさんに行ってMakedoを使ったワークショップをして来ます。そして来週には、unit mediaさんの機械を動かしてみる予定です。

何ができるのでしょうね?
僕も楽しみですが、子供達がこのミックスを楽しめるといい!と思います。

なをMAKE道場では、Maker Faire Tokyo 2012をお手伝いいただける、ボランティアスタッフを募集しています。
・工作好き
・人と話すのが好き
・子供の話を聞ける
・子供の「楽しい」に共感できる
・口だけでなく手が動く方
お手伝いいただける方は、tanaka@makedojo.comまで、その旨メールいただければ幸いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...